ICDロゴ

ASP.NET

【エー・エス・ピー・ドット・ネット】

最終更新日: 2001/05/22

 .NET FrameworkにおけるWebアプリケーション・サーバで、Microsoft.NET構想に準拠したWebサービスやWebアプリケーションの実行環境を提供し、これらを使用したダイナミックなWebページの作成を可能にする。

 ASP.NETは、それ以前から存在していたASP(Active Server Pages)の後継となるものだが、その中身はまったく別物として生まれ変わったといってもよい。それまでのASPは、ダイナミックなページを生成可能にするサーバ・サイドの単なるスクリプト・エンジンであったが、ASP.NETは、.NET Frameworkの主要機能の1つとして、WebアプリケーションとWeサービスの実行環境を提供する。ASP.NETのほとんどの機能はクラス・ライブラリとして実装されおり、このクラス・ライブラリにHTTP処理のための実行エンジンを加えたものがASP.NETの実体である。

 ASP.NETの最大の特徴は、ユーザー・インターフェイスにかかわるスクリプト部分と、処理を記述するプログラム・コードを完全に分離して記述できるようになった点である。これにより開発効率やコードの可読性、再利用性が大幅に高まっている。

 この際スクリプト部分には、Web Formsと呼ばれるクラス・ライブラリを利用することで、ブラウザの種類に依存しない記述が可能である。一方、処理を記述するプログラム・コード部分には.NETをサポートする任意のコンパイラ言語を使用することができる。リクエストを受けたページは必要に応じて自動的にコンパイルされ、CLR上で実行された結果がブラウザに返される。一度コンパイルされたページは後続のリクエストに備えてキャッシュされる。

 また、これまでアプリケーション・サーバでは、ボタンのクリックなどのユーザによる入力は、クライアント側のスクリプトで処理するか、いったんサーバに送信され、遷移後のページで対応した処理を記述するというモデルが一般的であった。これに対しWeb Formsでは、ページの遷移を考慮する必要のないイベント・ベースのプログラミング・モデルを可能にしている。これにより、従来から行われているWindowsアプリケーションと同じ作法でWebアプリケーションを設計・作成することができる。

 ASP.NETはWebサービスの実行環境としても機能する。ASP.NETでは単にビジネス・ロジックを記述しておき、SOAPやHTTPのPOST/GETなどのプロトコルを通じて、これを外部からアクセス可能なWebサービスとして公開することができる。サービスの開発時や利用時にこれらのプロトコルを意識する必要はまったくない。

Copyright (C) 2000-2007 Digital Advantage Corp.

アイティメディアの提供サービス

TechTargetジャパン

キャリアアップ

- PR -