Windows TIPS
[Install & Setup]
  Windows TIPS TOPへ
Windows TIPS全リストへ
内容別分類一覧へ

Windows PE 2.0のブータブルUSBメモリを作成する

解説をスキップして操作方法を読む

デジタルアドバンテージ 島田 広道
2009/06/19
2009/06/26更新
対象OS
Windows XP
Windows Server 2003
Windows Vista
「Windows PE 2.0」はリムーバブル・メディアから起動可能なWindows OSで、障害発生時のサルベージやOS展開、バックアップ/リストアなどに活用できる。
Windows PE 2.0はCD/DVDメディアから起動できるが、ネットブックや1UサーバなどCD/DVDドライブを装備しないPCも存在する。
Windows PE 2.0を起動できるUSBメモリを作成すれば、こうしたPCでもWindows PE 2.0を起動できる。

解説

 「Windowsプレインストール環境 2.0(Windows Preinstallation Environment 2.0。以下Windows PE 2.0)」は、CD/DVDメディアやネットワークなどから起動して利用できるコンパクトなWindows OSだ。ハードディスクにインストールすることなく、Windows用の各種ユーティリティ/ツールが実行可能で、システム・トラブル時のファイル・サルベージやハードディスクのイメージ・バックアップ/リストア、OSの展開などによく使われる。無償で入手可能なので、Windowsシステムの管理者であればWindows PE 2.0の起動ディスクを1つ用意しておいて損はないだろう。

 Windows PE 2.0の起動CD/DVDメディアを作成する手順は、運用「管理者必携! 最強のデータ・サルベージ・ツールを自作する」で詳しく解説されている。しかし最近では、ネットブックPCや1Uラックマウント・サーバなどで、CD/DVDドライブ非搭載のPCもよく見かける。こうしたPCでもUSBのインターフェイスは装備していて、USBデバイスからのOS起動をサポートしている場合が多いため、USBメモリからWindows PE 2.0を起動できる方が便利だ。

 そこで本稿では、前述の記事の「Windows PE 2.0による起動ディスクの作成手順」をベースに、Windows PE 2.0を起動できるUSBメモリの作成手順を説明する。

操作方法

前提条件と準備

 Windows PE 2.0の起動ディスクを作成する作業用PCには、いくつかの必要条件がある。まずOSはWindows Vista SP1以降の方が便利だが、Windows XP SP2以降/Windows Server 2003 SP1以降も利用できる(Windows 2000は不可)。ただし、.NET Framework 2.0やMSXML 6.0といったコンポーネントの追加や修正プログラムの適用が必要とされる。後述するWindows自動インストール・キット(WAIK)のインストール時のメッセージやリリース・ノート(WAIKのISOイメージの\readme.htm)を参照していただきたい。またハードディスクの空き容量は2Gbytes程度あった方がよい。

 Windows Vistaが利用できない環境では、CD/DVDライタが必要になる。作業用PCに装備されていれば便利だが、別のPCに装備されているものでも利用できる。

 USBメモリの容量は256Mbytes以上が望ましい。またUSBメモリに格納済みのデータはすべて失われるので、あらかじめバックアップすること。USBメモリのバックアップについては、TIPS「USB Flash Drive ManagerでUSBメモリを管理する」が参考になる。

 Windows PE 2.0を起動できるUSBメモリの作成手順は、大まかには次の3ステップからなる。

  1. Windows PE 2.0起動イメージの作成
  2. USBメモリの初期化
  3. USBメモリへの起動イメージのコピー

 このうち、1.については、運用「管理者必携! 最強のデータ・サルベージ・ツールを自作する」で解説されているCD/DVDメディアの作成手順とほぼ同じである(WAIKのバージョンが上がっているが、操作方法は共通)。すでにCD/DVDの起動ディスクの作成方法を知っている場合は、2.以降の手順を確認していただきたい。

 なお本稿ではx86版およびx64版のWindows PE 2.0を対象としている。

Windows PE 2.0起動イメージの作成

■Windows PE 2.0の入手
  Windows PE 2.0の起動ディスクを作成するには、Windows自動インストール・キット(Windows Automated Installation KitあるいはWindows AIK。以下WAIK)を使用する。WAIKは次のページから無償で入手できる。ファイル・サイズが1.2Gbytes弱もあるので、ダウンロード先の空き容量が十分か注意すること。

 WAIKのファイル形式はISOイメージ・ファイルなので、DVDメディアに書き込むか仮想ドライブにマウントして使用する(仮想ドライブの使い方については、TIPS「仮想CD/DVDイメージをマウントする(DAEMON Tools Lite編)」「仮想CD-ROMイメージをマウントする(vcdrom.sys編)」を参照)。

■WAIKのインストール
  WAIKをインストールするには、管理者権限を持つユーザー・アカウントでログオンしてから、WAIKのメディア内の\StartCD.exeを起動して[Windows 自動インストール キットの開始]を開き、左側メニューから「Windows AIK セットアップ」をクリックする。インストール・ウィザードが起動したら、デフォルトの設定のまま進めて完了させる(必要ならインストール先フォルダを変更できる)。

 インストールが完了したら、[スタート]メニューの[すべてのプログラム]−[Microsoft Windows AIK]−[Windows PE Tools コマンド プロンプト]を選ぶ(Windows Vistaの場合は右クリックして[管理者として実行]を選ぶ)。これでWindows PE専用の作業用コマンド・プロンプトが表示されるはずだ。Windows PEの起動イメージ作成はこのコマンド・プロンプト上で行う。

Windows PE Tools コマンド・プロンプト
Windows PEの起動イメージ作成はこのコマンド・プロンプト上で行う。

■起動イメージ用ファイルの展開
 まずはWindows PEの作業フォルダを作成する。x86版(32bit版)のWindows PE 2.0用作業フォルダを作成するには、Windows PE Tools コマンド・プロンプトにて次のコマンドラインを実行する(本稿ではC:\WinPEを作業フォルダとしている)。

copype x86 C:\WinPE

 x64版(64bit版)の場合は、次のコマンドラインを実行する。

copype amd64 C:\WinPE

 どちらも作業フォルダはあらかじめ作らないこと(作成済みだとエラーが発生する)。

 これでC:\WinPEフォルダが作成されるとともに、C:\WinPE\ISOフォルダ以下には、起動イメージのフォルダ・ツリーが展開される。そのままCD/DVDメディアやUSBメモリの起動イメージとして利用できるが、必要ならデバイス・ドライバの追加や不要な機能のアンインストールといったカスタマイズも可能だ。その方法については運用「Windows PE 2.0による起動ディスクの作成手順Windows PE 2.0による起動ディスクの作成手順」を参照していただきたい。本稿では、copypeコマンドによって作成されたデフォルト構成の起動イメージを利用する。

USBメモリの初期化

diskpartコマンドでディスクのパーティションを操作する

 USBメモリからWindows PE 2.0を起動できるようにするには、USBメモリをいったん初期化すなわちパーティション作成とアクティブ化、フォーマットを実行した方がよい(試した限りでは、アクティブ化やフォーマットだけでは起動に失敗することがあった)。それにはWindows VistaまたはWindows PE 2.0のdiskpartコマンドを利用する。残念ながら、Windows XP/Windows Server 2003付属のdiskpartコマンドは、USBメモリのパーティションを操作できないので利用できない。

 Windows Vista搭載PCが利用できる場合は、そのPCにUSBメモリを装着してdiskpartコマンドで初期化するのが手っ取り早い。その場合は、次に解説するCD/DVDメディア作成をスキップして、「diskpartコマンドによるUSBメモリの初期化」を参照していただきたい。

 Windows Vistaが利用できない場合は、Windows PE 2.0を起動して付属のdiskpartコマンドを用いてUSBメモリを初期化する。それには、前述の手順で作成したWindows PE 2.0の起動イメージをISOイメージに変換してCD/DVDメディアに書き込み、それでPCを起動する必要がある。

■Windows PE 2.0の起動CD/DVDメディアの作成
  作成した起動イメージをISOイメージに変換するには、Windows PE Tools コマンド プロンプトにて次のコマンドラインを実行する。

oscdimg -n -bC:\WinPE\etfsboot.com C:\WinPE\ISO C:\WinPE\winpeboot.iso

 これでC:\WinPE\ISOフォルダに作成した起動イメージが、C:\WinPE\winpeboot.isoというISOイメージに変換されるので、市販のライティング・ソフトウェアなどでCD/DVDメディアに書き込む(TIPS「.ISOファイルをCD-Rに書き込む」参照)。

■CD/DVDメディアからのWindows PE 2.0起動
  CD/DVDドライブからのOS起動が可能で、かつUSBメモリを装着可能なPCを用意したら、まずPCのBIOSセットアップを呼び出し、ブート・デバイスの優先順位の設定でハードディスクより先にCD/DVDドライブから起動するように変更しておく。

 その後、Windows PE 2.0の起動イメージを書き込んだCD/DVDメディアをドライブに挿入してPCを起動する。画面に「Press any key to boot from CD or DVD..」というメッセージが表示されたら、すぐに何らかのキーを押してCD/DVDメディアからの起動を進めること。さもないとハードディスクにインストール済みのOSが起動してしまう。

 次の画面が表示されてキー入力待ちになれば、Windows PE 2.0の起動は成功だ。

Windows PE 2.0の起動後の画面

■diskpartコマンドによるUSBメモリの初期化
  Windows Vistaでdiskpartコマンドを利用する場合は、管理者権限を持つユーザー・アカウントでログオンしてから、[スタート]メニューの[すべてのプログラム]−[アクセサリ]−[コマンド プロンプト]を右クリックして[管理者として実行]を選ぶ。管理者権限でプログラムを実行可能なコマンド・プロンプトが表示されるはずだ。

 あとはWindows VistaとWindows PE 2.0で操作方法は共通である。USBメモリを装着した後に、コマンド・プロンプトから「diskpart」と入力・実行する。プロンプトが「DISKPART>」に変わったら、次の手順(下線部分が入力・実行すべきコマンドライン)を実行してUSBメモリを初期化する。その際、くれぐれもselect diskコマンドによるディスクの選択には十分注意すること。対象のUSBメモリ以外のディスク番号を指定すると、そのディスクの内容が警告なしに失われてしまうからだ。

C:\>diskpart

Microsoft DiskPart バージョン 6.0.6001
Copyright (C) 1999-2007 Microsoft Corporation.
コンピュータ: MININT-8IF2JRO

DISKPART> list disk
  Disk ###  Status           Size     Free     Dyn  Gpt
  --------  ---------------  -------  -------  ---  ---
  Disk 0    オンライン        19 GB    11 GB
  Disk 1    オンライン        251 MB     0 B  ……

DISKPART> select disk 1  ……
ディスク 1 が選択されました。

DISKPART> clean  ……
DiskPart はディスクを正常にクリーンな状態にしました。

DISKPART> create partition primary  ……
DiskPart は指定したパーティションの作成に成功しました。

DISKPART> select partition 1
パーティション 1 が選択されました。

DISKPART> active  ……
DiskPart は現在のパーティションをアクティブとしてマークしました。

DISKPART> format fs=fat32 quick  ……
  100% 完了しました
DiskPart は、ボリュームのフォーマットを完了しました。

DISKPART> assign
DiskPart はドライブ文字またはマウント ポイントを正常に割り当てました。

DISKPART> list volume
  Volume ###  Ltr Label        Fs    Type        Size     Status     Info
  ----------  --- -----------  ----  ----------  -------  ---------  --------
  Volume 0    D   CD_ROM       CDFS  CD-ROM       202 MB  正常
  Volume 1    C   SYSTEMVOLUM  NTFS  Partition   8002 MB  正常
  Volume 2    E    ……      FAT32 リムーバプル   251 MB  正常

DISKPART> exit
DiskPart を終了しています...

C:\>
diskpartによるUSBの初期化
下線部分のコマンドラインを順番に実行することで、パーティション作成とアクティブ化、フォーマット、ドライブ文字の割り当てを行う。
「list disk」コマンドによって表示されたUSBメモリの「ディスク」としての情報。全容量(「Size」列)や表示順序などからUSBメモリを特定し、そのディスク番号(「Disk ###」列)をメモする。
でメモした初期化対象のUSBメモリのディスク番号を指定する。この番号を誤ると、関係のないディスクを初期化することになり、大変危険なので注意すること。
全パーティションの削除。ディスクの内容も消去される。警告なしに実行されるので、で指定したディスク番号が正しいか、事前に十分確認すること。
OSを起動できる基本パーティションの作成。
で作成したパーティションをアクティブ化し、起動パーティションに設定。
フォーマットの実行。ここではFAT32でクイック・フォーマットを選択している。
assignコマンドによってUSBメモリに割り当てられたドライブ文字。後述する起動イメージのコピー先には、このドライブ文字を指定する。

USBメモリへの起動イメージのコピー

 USBメモリの初期化が完了したら、起動イメージすなわち作業フォルダC:\WinPE\ISO以下のファイル/フォルダをUSBメモリにコピーする。コマンドラインでコピーする例を以下に記す。USBメモリのドライブ文字は、前述のdiskpartコマンド実行時ので確認できる(ここではE:ドライブとしている)。

xcopy C:\WinPE\ISO\*.* /s/e/h/r E:\

 Windows PE 2.0でUSBメモリを初期化した場合は、Windows PE 2.0上で、起動に用いたCD/DVDメディアの全フォルダ/ファイルをそのままUSBメモリにコピーしてもよい。コマンドラインでコピーする例を以下に記す(起動に用いたCD/DVDメディアはD:ドライブとしている)。

xcopy D:\*.* /s/e/h/r E:\

 以上でWindows PE 2.0のブータブルUSBメモリは完成だ。あとは、Windows PE 2.0を起動したいPCにこのUSBメモリを装着後、BIOSセットアップでUSBメモリから起動できるように設定してから、起動を試してみよう(設定方法の例はTIPS「diskpartを使ってWindows Vista/7のインストールUSBメモリを作る」参照)。正常なら、前述のCD/DVDメディアの際と同じくWindows PE 2.0がUSBメモリから起動するはずだ。End of Article

更新履歴
【2009/06/26】x64版Windows PE 2.0のための手順を追記しました。

「Windows TIPS」

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
  • Azure SQL DBのインデックスやキャッシュを制御する (2017/6/26)
     Azure SQL Databaseのインデックスやプロシージャキャッシュを制御するには、そのためのT-SQLを直接実行する。知っておくと便利なT-SQLを紹介する
  • DNSのリゾルバ/キャッシュ/フォワーダ機能 (2017/6/23)
     今回は、DNSサーバのクライアント側であるリゾルバやキャッシュの機能について見ていく。リゾルバは、コンテンツDNSサーバに繰り返し問い合わせて名前解決を図る
  • ドメインの情報を提供するDNSのコンテンツサーバ (2017/6/22)
     DNSサーバには、ドメインの情報を定義・公開するコンテンツサーバと、それを利用するリゾルバの2種類がある。今回はコンテンツサーバの機能についてまとめておく
  • DNS(Domain Name System)とは (2017/6/21)
     インターネット上にあるサーバやサービスの「名前」とIPアドレスとの対応を管理してインターネットを支えている「DNS」。今回は、DNSの役割や構造の概要を解説
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Windows Server Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH